2014年8月20日水曜日

高気圧と梅雨前線でバックビルディング現象が再び発生、2014年広島

2014年8月20日、広島で集中豪雨により多くの方がお亡くなりになりました。集中豪雨の原因は、先日ブログでも書いた高知と同じバックビルディング現象によるものと言われていますが、今回は未明からの雨量が、3時間で200mmを超えるなど、この地域に降る8月分の雨量の1.5倍もの雨が降り、これは過去最高の雨量だそうです。

今日仕事から帰ってきて、テレビのニュースで初めて惨状を目の当たりにしたのですが、本当に言葉が出ないと申しますか、何とか回避できなかったんだろうか、自分だったらあの深夜に何が出来たろうか、などと考えてはみるものの、今は静かに祈ることしかできません。

お亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りするとともに、被害にあわれた方へも心よりお見舞い申し上げます。


バックビルディング現象とは、高気圧から暖かく湿った空気が流れ込み、何らかの条件が重なることで積乱雲が次々に、同じ場所でできる現象で、近年の豪雨被害の主な原因になっています。

今回は夜間に発生したとの事ですが、そもそも夜は「持ち上げ凝結高度」が低くなるために、積乱雲ができやすく、豪雨になりやすいという特徴があります。
高気圧に覆われる夏場には、日本全国どこでも発生する可能性があり他人ごとではない、というのが本音です。

テレビの映像を見る限り、被害は山の斜面の造成地と思われる場所だったり、川の近くで土石流に巻き込まれやすい場所であったり、戦後の日本全国で行われた杉の植林による問題、即ち根が張らない杉の特徴と斜面と豪雨が重なることで発生した可能性は無いのだろうか、とも考えはするのですが、じゃあ自分だったら何ができただろうか?、改めてそんな事を考えると無力感で覆われてしまいます。

こんな時に、民主党の海江田万里某などは、安倍首相の初動対応を批判する、といったニュースも流れており、何だかこういう災害までもを政治利用してしまう人種には辟易してしまいますが、これが日本の野党、政治家の姿であります。

-----------------------------
野党「首相批判」で足並みそろわず(MSN産経ニュース)
集中豪雨による土砂崩れが広島市内を襲った20日、安倍晋三首相が静養先で一時、ゴルフをしていたことについて、野党からは首相の“初動対応”への批判が出る一方で、擁護する声も飛び出し、野党の足並みはそろわなかった。
-----------------------------

話を戻しますが、今回のバックビルディング現象は大きく張り出して停滞している太平洋高気圧、これは8月の頭に高知で発生したバックビルディング現象による豪雨と同じ高気圧ですが、ここから暖かく湿った空気が流れ込んだため、と思われます。
天気図を見る限り、日本列島の北部には梅雨前線が居座っており、この前線に沿って冷たい空気が流れ込むと高気圧から暖かく湿った空気が引き寄せられる、と考えられます。
この梅雨前線と高気圧はまだまだ居座るでしょうから、瀬戸内周辺や四国、北部九州あたりでは引き続きバックビルディング現象といいますか、豪雨には十分注意しなくてはならなさそうです。

東京では先週までの涼しさが嘘のように、今週は猛暑が襲ってきていますが、数年前には東京でもゲリラ豪雨で死者が多く出た事もあるわけですし、8月末から9月にかけては台風シーズンとなり、まだまだ同様の豪雨被害は出る可能性があるわけですから、日本全国どこにいても気を緩めることはできない時代になったのだ、と感じざるを得ない思いです。

■関連記事
2014.8.4 台風12号と高気圧でバックビルディング現象が発生、2014年高知

0 件のコメント:

コメントを投稿