2014年6月25日水曜日

サッカー日本代表敗退の責任追及に思う

サッカーW杯、ブラジル大会、日本はコロンビアに1対4で完敗しまして1分け2敗のグループリーグ最下位で終焉となり、まさに8年前のドイツW杯プレイバックでした。

この結果を受けて、もし悪者を探すとするならば、誰なんでしょう?

「数日前に監督が悪いわけではない」と私は書きましたが、では選手が悪いのか?というとそういうわけでもなく、ファンが悪いのか?というとそれも違うだろう、と思います。

では誰が悪者なのか?

私が思うに、それは日本のサッカー協会やメディアを始めとしたミスリードしてきた組織や文化に問題があるのであり、敢えて悪者捜しをするとするなら、その辺りになるんでしょうね。

日本には海外で活躍している選手も沢山いるし、監督もイタリアの名門を率いたザッケローニさん、連動性がある超攻撃的サッカー、などと標榜して、選手も含めてファンをミスリードしてきた点は否めません。
「守備がザルだから」「フィジカルでは勝てないから」とは言えませんから、連動性がある超攻撃的サッカー、最近は「自分達のサッカー」という素敵なキャッチで弱点を隠してきました。

ただ、負けても渋谷のスクランブル交差点でハイタッチしている若者もいることですし、じゃあ本当に強い日本サッカーを求めている日本国民がどれだけいるのか?という現実にも向き合わざるを得ないのではないでしょうか。

有能な選手はJリーグからどんどん海外に出ていきますし、地上波ではテレビ放送すらしないJリーグ、年俸も安いJリーグ、日本代表の試合以外はほとんど見向きもしない、Jリーグなんて見た事もサッカー場に足を運ぶことも全くない日本国民。

こんな日本人にサッカーというスポーツを興味持ってもらうためには、やはりエンターテイメントなんだと私は思います。

欧州ビッグクラブに所属する日本人を前面に出し、日本代表サッカーに注目をさせることがサッカー協会の目的でしょうし、勝てたらなおのこと良いでしょうけど、またそうして注目を浴び続けて下の世代からのボトムアップによる強化を続け、彼らの受け皿となるべくJリーグを発展、もしくは維持し続けなければ日本サッカーは持たないのだと思います。
それに乗っかっている利益追求型で毒にも薬にもならないような提灯記事ばかり書いていて、負けたら急に原因探しするメディア、敗戦直後の選手に「自分達のサッカーが出来なかったことをどう思いますか?」なんてアホなこと聞いているインタビュアーもどうかと思いますが、まぁ、言ってもキリがないので。

そんな日本サッカーの組織構造を考えると、戦犯探しとか責任を追及することなんて無意味でしょうし、そもそもザッケローニ監督が辞めるだけで協会の人は誰も責任は取らないでしょうし、そんな記事書いているサッカーメディアは本質の分からない、つまらない人達ですし、それよりJリーグを盛り上げる記事を書いてくださいよ、と思う次第です。

ザッケローニ監督をはじめ選手やスタッフの皆さんは本当にお疲れ様でした。
コロンビア戦も前半終了間際の岡崎選手のゴールまではとても楽しめました!
また4年後、ロシアでのエンターテイメントを期待しています。

関連記事
2014.6.23 コロンビアに勝てるか?2014年ブラジルW杯
2014.6.20 W杯に思う日本人の国民性、そろそろブログも再開しよう

0 件のコメント:

コメントを投稿