2014年6月21日土曜日

精子の構造、やっぱりミトコンドリアでした

2月に「精子の前進運動率を改善したい、鍵はミトコンドリア」という記事を書きました。
この時はインターネットで必死に色々な文献を調べて、精子の構造と運動率を上げる策について理解をしたのですが、先日、妻と一緒に婦人科に行った際、ふと手に取った本に私が調べた事がもっと詳しくまとめられているのを発見し、少しガッカリしてしまいました。

それには上の写真にあるような精子の構造から始まり、男性不妊の原因などについても詳しく取り上げられていたり、トマトに含まれるリコピンが良質な精子を作る、というようなカゴメの記事広告に踊らされそうになったり(笑)、若干の玉石混交はありましたが、おおむね、私が時間をかけて苦労して調べて内容が書かれていました。



私は効率的に時間を使いたい、と思ってしまう部分があるのでそんな残念な気持ちに一瞬なったのですが、よく考えると、新しいことを知るときは案外こんな無駄な苦労をしがちで、だからこそ身に付くという考え方もあるので、これで私は精子の専門家になれるかもしれません。(笑)

精子の専門家になったとしても、子供が出来ないと意味がない訳ですが・・・、私の家も不妊治療のため婦人科に通い始めてからそろそろ半年、人工授精や体外受精など本格的な治療には進まずに、あくまでもタイミング療法だけで様子を見ています。

人工的なものには淘汰の原理が働かないので、結果的に良くない事になりはしないだろうか!?、という価値観も持っているため、その心のハードルは実は意外と高かったりします。

ミトコンドリアの改善を始めてからようやく3か月経過し、精子の作られる期間である74日は過ぎる頃ですので、そろそろ何らかの効果があってもよさそうなものですが、果たして・・・。

関連記事
2014.4.2 高速前進運動精子はサプリで増えるか?
2014.3.17 エビオス錠とマカの組合せで朝元気!
2014.3.4 1日の精力剤アルギニンやシトルリン、サプリメント摂取量
2014.3.2 精力剤の変化と体調の変化、原因はマカ?亜鉛?エビオス錠?
2014.2.11 精子の前進運動率を改善したい、鍵はミトコンドリア
2014.1.19 精液検査をやってみた

0 件のコメント:

コメントを投稿