2014年2月17日月曜日

佐渡でカグラザメ、深海魚の水揚げ続くのは地震前兆?


カグラザメという深海サメが佐渡沖で水揚げされたそうです。

---------------------------------------------------
体長4メートルの深海巨大ザメ 佐渡で見つかる

 新潟県佐渡市沖の定置網に13日朝、体長約4メートルの巨大ザメが掛かっているのが見つかった。タレントで東京海洋大客員准教授の「さかなクン」に、県が写真を送って照会し、太平洋などの深海に生息する「カグラザメ」と判明した。
 新潟県によると、日本海の魚の目録には記載がなく、2010年に同県糸魚川市で水揚げされて以来、日本海では2例目とみられる。
 さかなクンは取材に対し、冬季特有の風や潮流のため、佐渡島沿岸に着いたと推測。「専門家は日本海での生息を確認しておらず、学術的な意味も大きい。ギョギョギョな大発見です」と興奮気味に話した。

http://www.chunichi.co.jp/s/article/2014021301002363.html?ref=rank
---------------------------------------------------

カグラザメは、深海2000m付近までが生息域と言われ、マッコウクジラの死骸など、深海に沈むものが食糧源、サメや魚も食べるそうなので、人間も死んで深海に落ちていけば、カグラザメに食べられてしまうのでしょう。

それはさておき、昨日も記事にしましたが、日本海側では深海魚の水揚げが相次いでおり、何が起きているのだろう、次はどんな深海生物が水揚げされるのだろう、と興味をそそられます。



以下はこれまで日本海側で見つかっている深海生物です。

2014.1.4 ダイオウイカ【富山】
2014.1.8 ダイオウイカ【新潟】
2014.1.19 ダイオウイカ【新潟】
2014.1.20 ダイオウイカ【鳥取】
2014.1.28 リュウグウノツカイ【秋田】
2014.1.30 リュウグウノツカイ【京都】
2014.2.7 リュウグウノツカイ【富山】
2014.2.10 ダイオウイカ【新潟】
2014.2.13 カグラザメ【新潟】

0 件のコメント:

コメントを投稿