2014年1月19日日曜日

精液検査をやってみた


今日は精液検査に行ってきました。
まだ不妊というところまで行っていませんが、年齢的にも早めに行くべきと判断したためです。


<結果>
精液量 6.8ml
精子濃度 21.7×1000000/ml
運動率 63.1%
正常形態率 30.6%

高速前進運動精子濃度 1.3×1000000/ml
低速前進運動精子濃度 7.4×1000000/ml
高速前進運動精子割合 6.0%
低速前進運動精子割合 34.1%
機能正常な精子濃度 4.5×1000000/ml

進行速度 8mic/sec

とりあえず、無精子じゃなかったことで一安心です。

これらの数字だけを見ても素人目には何の事だかわかりませんが、WHOの基準値と見比べながら、自分自身の状況がだいぶ見えてきました。それによると、

・精液量は多いほう。(基準値1.5ml以上)
・精子濃度は薄い。(基準値15×1000000/ml以上なのでギリギリ)
・運動率は悪くない。正し、動いているが
・高速前進運動精子濃度が低い。(基準値は5×1000000/ml以上で落第、泣)

高速前進運動精子というのは、スピードの速い精子のことで、困難を乗り越えてより卵子に到達できる可能性が高いということだと思います。
運動率は63.1%とそこそこ良いが、高速前進精子が少ないということは、その場で立ち止まってシッポを振っているだけの精子が多いということか・・・。お前らもっと頑張れと言いたい。

そんな独り言はさておき、
今日の結果だけを見て、どうやったら妊娠可能性を高められるかというと、

1)タイミングを見極め、排卵時により新鮮な精子が卵子を待ち受けられる状況を作ること。
2)子宮内に大量の精液を送り込み、結果として精子量を増やすこと。

精液検査は体調により数値が変化する場合もあるので、また別の日に再検査もしてみようと思います。普段の性行為と違って、朝から限られた時間で無理やり出すのはストレスというか、量が出ないというか、やっぱり何か違和感がありますね。




0 件のコメント:

コメントを投稿